北九州市にぎわいづくり懇話会

「雲のうえ」について

タイトル『雲のうえ』について

かつて、「坂の上にたなびく一筋の雲」を目指して、近代国家に飛翔しようと懸命だった時代がありました。 近代化の原動力となったのは北九州市の重厚長大産業でした。全国でどこよりも早く雲をつかんだこの街は、さらに雲のうえを目指し、いま飛翔しようとしています。 こうした街の姿や魅力を余すことなく伝えていきたいとの思いから本誌を『雲のうえ』と命名しました。

発行経緯

 平成18年の新北九州空港開港を機に、北九州市に来訪される方に北九州市が有する魅力ある文化、観光資源の情報を発信することで観光客の増加、町のにぎわいの創出などビジターズインダストリーの振興を目的に北九州市が創刊(現在は北九州市にぎわいづくり懇話会が発行主体)。

制作にあたっては東京のスタッフを起用することで外からの視点で北九州市の魅力を伝え、従来の自治体情報誌の枠を超えた、誰もが手に取り、写真や文章で北九州市に訪れてみたい、と感じるものを目指す。

また、市民にも本誌を通じてわが町に対する誇りや愛情を深める事を願う。

編集委員

画家         牧野伊三夫

プロフィールはこちら

アートディレクター  有山達也

プロフィールはこちら

発行概要

名称:「雲のうえ」(北九州市情報誌)

創刊:2006年10月25日

発行:年2回予定

発行者:北九州市にぎわいづくり懇話会

形態:フリーペーパー